「川口」駅 | 川口・蕨の賃貸マンション・アパートをお探しならベストスタイル蕨店にお任せ下さい!

個人情報の取り扱いサイトマップ
  • お気に入り物件
  • 最近見た物件
BestStyle
川口エリア・蕨エリアの物件情報満載!ベストスタイル株式会社蕨駅 東口徒歩2分!(tel048-420-5505)営業時間 9:30〜19:00(年中無休)

ベストスタイルは京浜東北線「蕨」駅東口から歩いて2分。新築やペット可、URなど、川口や蕨の賃貸物件を取り扱う会社です。

メールでのお問合せ
トップページ > 街情報 > 「川口駅」の街情報 > 「川口」駅

街情報 住みたい街がきっと見つかります

「川口」駅

kwaguti

 

 

 

 

 

 

 

JR京浜東北線「川口駅」のご紹介です。

川口市は埼玉県の南端に位置する都市です。

荒川を隔てて東京都に接し、江戸時代から鋳物や植木などの産業が発展。

その後、住宅都市化が進みました。首都東京と隣接しているという利便性があります。

川口駅は、川口市の中心駅であり、キュポ・ラ内にある川口駅前行政センターや

川口市立中央図書館をはじめ、川口総合文化センター(リリア)などの市を代表する施設が周辺に立地する。

駅自由通路と駅前の施設はペデストリアンデッキで結ばれており、

2005年から2006年にかけてかわぐちキャスティやキュポ・ラの建設に伴って増床・接続された。

駅前東口の地下駐輪場は以前は埼玉県内において唯一の地下街であり、各種の商店があった。

また、駅周辺の住民並びに新荒川大橋の周辺の住民達は、

地理的・経済的に東京都北区赤羽と密接に交流を行う傾向がある。

★星社員は、まるで自宅のように、図書館を利用して『本の虫』になっております♪

 

【川口の歴史】

見沼代用水路の開さくによる舟運・陸上交通の整備に伴って商品の流通が盛んになり、

今日の川口の発展の基となる種々の産業が興りました。

鋳物産業は、江戸中期以降は技術の確かさと江戸町民の需要増大。

植木や苗木の栽培は、明暦3年(1657)の江戸大火によって焼野原となった江戸へ、植木や草花を供給して以来発展しました。

さらに幕末期には、織物・釣竿が江戸を中心に商品として進出するようになりました。

明治末期には鋳物工場が150 軒ほどになり、荒川や芝川の舟運を利用して原料や製品運搬が行われました。

その後、川口町駅や新荒川大橋ができると鋳物産業を中心に飛躍的発展をとげ、「鋳物の街川口」の名は全国に知られるようになりました。

 

【豆知識】 都内と同じクオリティの地域!

埼玉で2番目に人口が多く、約25分で東京駅に行けるアクセスのよさを誇っている、

実は住みやすい穴場のエリアなのです。

JR京浜東北線では赤羽~川口間が東京と埼玉の境目でもあり、埼玉の南の玄関口ともいえます。

利便性と文化性を兼ね備えている川口は、ファミリー層にも1人暮らし層にもおすすめ。

引越しや住み替えを考えている皆さんには注目してもらいたいエリアの1つです。

 

【名所の由来】 歴史がある地域です・・・

川口の名称は、旧入間川(現在の荒川)の河口に臨んでいたことが由来ともいわれていますが、

『義経記』には、治承4 年(1180)、源義経が兄頼朝の挙兵に加わるため、奥州から鎌倉に向かう途中、武蔵国足立郡小川口で兵をあらためたことと記されています。

 

 

 ◆川口駅 周辺の不動産相場◆
マンション (70m²) 3,071万円 / 一戸建て (100m²) 3,653万円  /  土地 (1坪)  駅近郊190~142万円